mizukiの生活猫日記


by mizukitonight

画像一覧

最新のコメント

さらパパさんありがとうご..
by mizukitonight at 15:46
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:25
わぁ、なんて懐かしい。 ..
by mizukitonight at 15:11
こんにちは。 はじめま..
by vanillanokokoro at 17:47
拝見しました。 すごい..
by mizukitonight at 18:42
こんにちは 私も「オル..
by desire_san at 12:05
早起きは気持ちいいす。 ..
by mizukitonight at 15:31
こんばんわ。 朝7時?..
by さらパパ at 21:40
ありがとうございます。 ..
by mizuki at 21:00
心から御悔やみ申し上げま..
by S at 09:16

カテゴリ

全体
趣味
グルメ
旅行
映画
ペット
生活
ドラマ
テニス
野球
スポーツ

蕎麦
読書
カープ
音楽
コンビニ
ダイエット
テレビ
相撲
健康
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

Music&Mizuki...

メモ帳

最新のトラックバック

ガメラ:15年5月第四週..
from ガメラ医師のBlog

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
50代

画像一覧

最近の感動

最近これほど感動したことはない。
かねてからわたしの持論だが
幸福な人生とは、金でも名声でもない。
感動の量だと思う。
人生でどれだけの数感動したかである。

で、休日の夜録画していたサッカー
ジェノア対ミランを観た。
当然結果は知っていた。
もし生放送で観ていたら泣いただろう。
号泣議員のように泣き叫んだかもしれない。
それほど感動したのだ。
この感動には深い理由がある。

この試合で本田が遂にゴールを決めたのだ。
このゴールは単なる今季初ゴールではない。
この試合で本田はチームを勝たせミランの至宝とまで評価を上げたのである。

ここまでの長い道程はまるで大河ドラマのように波乱に満ちている。

実はわたしは本田のファンでもなんでもなかった。
しかし今回の感動はわたしの人生の宝物になったといってもいい。
心底この20代の若者を尊敬しているのだ。

サッカーファンなら誰でも知っていることだが昨年の10月頃からの本田に対する地元メディアのパッシングは壮絶の一言だった。

当時わたしはあまりのイタリアメディアの酷評の嵐に憤慨し、その悪意に満ちた表現を検証すべくミランの試合を何試合も録画で観てみた。

その内容は覇気のないし戦術すら感じられない。
はっきり言ってチーム状態は確かによくない。
連携も団結もなく、各自勝手きままなプレーだけの試合が多かった。
そしてなによりも勝てない。
勝てないとボロクソ。
その最大の標的が本田だった。

だが本田一人が袋だたきにあうのが解せない。
確かに背番号10を背負うということはそういうことかもしれない。

ただイタリアのメディアの評価は悪意に満ちていた。
この日本人はなにも出来ない。いたのかもわからない。試合に出るレベルに達していない。1月にはいなくなる。などなど。

試合の中で本田は献身的に走り回る。
だが本田にほとんどパスが回らない。
ある試合など3回くらいしかボールに触っていない。
人種差別かと思えるほど本田にパスを出さない。
時間はどんどん経過し試合は終わる。
これでどうしろというのか。

そのうち先発では使ってもらえず
いつも出番は試合終了の5分前から。
マスコミ、監督、チームメイトと
擁護するものは誰もいない。
毎回試合が決まってからの出場でほとんどさらし者。まるで集団イジメに見えた。

この時期この状況を耐えた本田の精神力は
神がかっている。

しかし更に神がかっているのは、ここからの彼の逆襲であった。
本田はこのわずかな途中出場の中でも
アシストを記録するなど結果を出し続けた。
これがどれほど困難ことかサッカーファンなら誰でもわかるだろう。

徐々に献身的な守備にも評価がたかまり
再び先発に復帰。
2試合に1回はアシストを記録するなど
チームの危機を何度も救う。
そしてあのゴールだ。
35メートルほどある技術的にも高度なロングシュートだった。
本当にカッコよかった。

監督の満面の笑み、そしてチーム全員が本田に抱きつく光景を見て泣きそうになった。

いまでは毎回マスコミもミランの至宝とまで
大絶賛している。

本田は大逆転を自力で成し遂げた。
本当に凄い。物凄いメンタルと実力だ。
そして立派だ。
しかし彼は一貫して平然としている。
本物の一流だ。

いまではわたしも本田の大ファンだ。
彼は日本人の誇りだ。

c0109109_20243291.jpeg


[PR]
by mizukitonight | 2016-02-23 19:52 | スポーツ | Comments(0)