mizukiの生活猫日記


by mizukitonight

画像一覧

最新のコメント

さらパパさんありがとうご..
by mizukitonight at 15:46
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:25
わぁ、なんて懐かしい。 ..
by mizukitonight at 15:11
こんにちは。 はじめま..
by vanillanokokoro at 17:47
拝見しました。 すごい..
by mizukitonight at 18:42
こんにちは 私も「オル..
by desire_san at 12:05
早起きは気持ちいいす。 ..
by mizukitonight at 15:31
こんばんわ。 朝7時?..
by さらパパ at 21:40
ありがとうございます。 ..
by mizuki at 21:00
心から御悔やみ申し上げま..
by S at 09:16

カテゴリ

全体
趣味
グルメ
旅行
映画
ペット
生活
ドラマ
テニス
野球
スポーツ

蕎麦
読書
カープ
音楽
コンビニ
ダイエット
テレビ
相撲
健康

イベント
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

Music&Mizuki...

メモ帳

最新のトラックバック

ガメラ:15年5月第四週..
from ガメラ医師のBlog

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
50代

画像一覧

夏は無花果

突然食べたくなるのが無花果。
で、そうか夏か。と想い出す。

物心ついた頃、家のすぐ傍におおきな
イチヂクの木があった。
父が仕事に行くとき、たったひとつなってるイチヂクをもいでくれたのを覚えている。
その時の父親の背中はとても大きくて大好きだった。
イチヂクをもらうと、とても嬉しかった。そしてとても美味しかった。
牛乳のような白い汁が手につくと物凄く痒くなるので慎重に皮を剥いて食べた。
3歳くらいの頃だろうか。

そのイチヂクの木は私の成長ともにいた。
小学生で登ったり、中学のときにはロープをつけて近所の子供たちとターザンごっこして遊んだり。
高校生の頃は古木になり枯れたように
真っ黒で、枝にぶら下がるとバキバキと折れた。
大人になり帰省し実家に行くと根元から
折れてなくなっていた。
昔の思い出がなくなった気分だった。
あのイチヂクの木は私の人生に寄り添うように
生きていた気がする。

気がつけばお盆。
親を思い出すと同時にあのイチヂクの木を想い出す。傍らに幼い自分がたっている。
だから今尚イチヂクが好きなのだろうか。

c0109109_18471277.jpg


[PR]
by mizukitonight | 2015-08-11 18:35 | 生活 | Comments(0)