水姫透のペットの猫ちゃんたち、クロマメくんとマロンちゃんとの生活日記


by mizukitonight

画像一覧

最新のコメント

さらパパさんありがとうご..
by mizukitonight at 15:46
おはようございます。 ..
by さらパパ at 08:25
わぁ、なんて懐かしい。 ..
by mizukitonight at 15:11
こんにちは。 はじめま..
by vanillanokokoro at 17:47
拝見しました。 すごい..
by mizukitonight at 18:42
こんにちは 私も「オル..
by desire_san at 12:05
早起きは気持ちいいす。 ..
by mizukitonight at 15:31
こんばんわ。 朝7時?..
by さらパパ at 21:40
ありがとうございます。 ..
by mizuki at 21:00
心から御悔やみ申し上げま..
by S at 09:16

カテゴリ

全体
趣味
グルメ
旅行
映画
ペット
生活
ドラマ
テニス
野球
スポーツ

蕎麦
読書
カープ
音楽
コンビニ
ダイエット
テレビ
相撲
健康

イベント
社会
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

お気に入りブログ

Music&Mizuki...

メモ帳

最新のトラックバック

ガメラ:15年5月第四週..
from ガメラ医師のBlog

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
50代

画像一覧

カテゴリ:映画( 57 )

映画【ボヘミアン・ラプソディー】を観た。

c0109109_02313582.jpeg
映画館は、ヨボヨボの爺さんや老人夫婦多し。
って言ったら姫が、ウチもそうじゃないと一言。

しかし、クイーンの世代って、ここまで高齢化しているのだろうか?
わたしが高校入学時16歳の時に、クイーンはデビューした。
高校3年間、毎日毎日クイーンのレコードを聴きまくる。
クイーンI、クイーンII、シアーハートアタック、オペラ座の夜
を聴きまくった。
実はクイーンの本物の凄さはここまでだ。
以降のクイーンの作品は、すべて初期焼き直しである。
アイデアは最初の4枚で出尽くしている。

あれからわたしは、既に61歳。
まあメンバーはもう70代だが。

映画は、フレディの伝記と割り切って見れば、まずまずいい作品かもしれない。
わたしらにはすべて知ってる話だが、はたしてクイーンをさほど詳しく知らない人が観てこの映画は面白いのだろうか?
爺さんが途中で退席していた。
オシッコが我慢できないのか、映画が面白くないのかわからない。
ただその爺さんは二度と戻ってこなかったが。

映画の中の初期のフレディはプリンスにしか見えない。
いつパープルレインを歌い出すのかと思っていたら、
ドゥーイングオールライトを歌った😄

ブライアンメイはそっくりで本物かと思うほどよく似てる。
ロジャーは似てない。
70年代のロジャーを超えるルックスの俳優は、いまでもこの世には存在しないようだ。
フレディとジョンは後期はよく似てる。

クイーンの長い歴史をなぞるのが物語としては浅いのは仕方ないが残念。
ハイライトのライブエイドを役者で完璧に再現するのは凄いが、ファンとしては本物の映像で観たかった。
音源は本物だが。
映像も本物なら単なる記録映画で、それでは伝記映画の意味ないのだろう。
フレディを演じた俳優のルックス、アクション、所作、すべて完コピで、どう見ても本物のライブ映像と違いがない。
この異常なこだわりはなんなんだろう。

ただ、いまだにクイーンの最高レベルがライブエイドだというのはクイーンをよく知らない人達の思い込みに過ぎない。

ライブエイドのクイーンはいつものクイーンの演奏レベルだ。
特段素晴らしいわけでもなく、可もなく不可もなしのいつものクイーンの出来なのだ。
いつものクイーンなのは、世界ツアーが終わってそれほど期間が経っていないからだ。

それより他のバンドが酷過ぎた。
ろくにリハーサルや準備をしてなかったので
結構よれよれの演奏のバンドが多かった。

ツェッペリンなどリハーサルなしのぶっつけ本番が
ミエミエで、スタジオで観ていた番組ゲストの小田和正氏が、
「ロバートプラントは声が出てないですね』
なんて言っていた。
だから、普段着レベルのクイーンの演奏が余計に際立って見えたのだ。
基本的にプロフェッショナル度が高いバンドなので、
クイーンの物凄い出来のライブは沢山ある。

純正のファンとしては、魔術的なスタジオワークの秘密や
ボヘミアンラプソディーではなく、ブライトンロックの録音風景やロジャーテイラーのドラムスのアレンジなどにスポットを当てた記録映画がもう1本必要だ。
ジム・ハットンは出てきても、ロイ・トーマスベイカーは出てこないし。

クイーンって、驚異的なスタジオワークのアイデアとアレンジとギターマジック、録音テクニック、コーラスの重層構築など、ノーシンセサイザーのスタジオテクニックが最大の魅力なのに、今なお世間には間違って伝わっている。

音楽を知らない人には、キムタクのドラマで知った後期のフレディのパフォーマンスがすべてなのだろう。
我々にはマツケンサンバと同じ次元にしか見えないが。

フレディのゲイに関する話はファンなら耳タコなので、
わたし的には、もっとブライアンメイのギターに関する話やロジャーやジョンの私生活や音楽的バックボーンの話が知りたかった。

今のクイーンのパブリックイメージはイコール、フレディだが、本来の正当な初期のクイーンファンからすると、
たしかにフレディは魅力的ボーカリストだが、それより傑出したソングライティングの才能、斬新なアレンジのアイデア、
そして完璧な演奏をする優れたプロフェッショナルバンドが本質であり、同等にブライアンメイのギターマジックやロジャーテイラーのドラムテクニックが最大の魅力だった。

未だにクイーンのスタジオワークに関する詳細な資料本が発表されないのが不思議だ。

まあフレディのドラマチックな生涯をテーマにしないと下世話な映画にはならないが、ここまで拡大公開されるとはビックリした。
日本も全米も観客動員数1位だ。

数年前のジミヘンの伝記映画は、ミニシアターでひっそりと公開された。
クラプトンの伝記映画もミニシアターだろう。

まあとにかくクイーンは楽曲が圧倒的に良くできている。
フルコーラスでたっぷり聴けると楽しみにしていたが、ほとんどはさわりの数秒でフェイドアウト。
ライブエイドはハイライトなので、たっぷり聴けるが。
それより緻密なスタジオ作品を大音量で沢山聴きたかった。

70年代のロックバンドの劇映画がここまでメガヒットしたから、これからいっぱい作られるだろう。
レッドツェッペリン、ディープパープル、イエスなど、

もしかしたらキングクリムゾンも出来るかもしれない。
変人が多いし、複雑な人間関係が面白そうだから映画にしやすいのではないだろうか。
ただ作る奴がいたら変態だろう。
間違っても、そんなもんヒットはしない。
でも作って欲しいが。






[PR]
by mizukitonight | 2018-11-18 01:52 | 映画 | Comments(0)

映画 『MEG ザ・モンスター』を観た

久しぶりに見たい映画を観た。
で、久しぶりに面白く楽しめた。
絶対に映画館で観ないと意味のない映画だ。
映像、音響とも大迫力で時間が経つのが
あっという間に過ぎる。
もう当分これくらい面白い映画は出来ないだろう。
最近のハリウッド映画は、中国資本が入って
舞台が中国が多く鼻に着く。
アメリカ映画の舞台に中国や中国人は
見たくない。
c0109109_01145083.jpeg

[PR]
by mizukitonight | 2018-09-15 01:08 | 映画 | Comments(0)

日曜日は、リーアム・ニーソン特集

休みは、リーアム・ニーソンの映画を観まくり。
『フライトゲーム』があまりに面白いので
続けて『96時間』シリーズを観た。
1.2は前に観たから本日は
3作目のレクリエムだ。
映画は、200本は録画しているので大体観たいものはある。
ま、見ずに消す方が多い。

リーアム・ニーソンは、シンドラーのリストで好きだったが
96時間などアクション俳優ではないので
食わず嫌いで見なかったが見ると面白い。
身体はぷよん、ハンサムでもないし
正直アクションが緩いがストーリーは面白い。
あまり残酷なシーンがないのがいいね。

パキパキの俳優がやったらかなりハードな映画になるが
彼ぐらいの緩さがヒットの理由かもしれない。

c0109109_21472726.jpeg


[PR]
by mizukitonight | 2018-08-12 21:38 | 映画 | Comments(0)

ジョジョ実写版を観て

本日は昨夜放送の『ジョジョの奇妙な冒険』を観た。
アニメで観た内容なので新鮮味はないが話は面白い。
だがあまりにアニメを忠実に再現しているため
実写化の意味が感じられない。

役者はみんな熱演でいいが公開時はヒットしなかった。
ただこれではヒットしないのはわかる。
まず話の展開が遅い。
かなりスローテンポ。

致命的なのはスタンドのシーンの迫力がイマイチ。
スケールもない。
一番売り物のシーンが弱いしシーン自体が少な過ぎ。
普通にテレビのドラマみたいでこの監督は才能がない。
シンゴジラの監督にやらせたら凄い映像になるのだろう。

シリーズ映画なので、次回作はスタンドのシーンに莫大な予算をを投入して世界公開を狙ってほしい。
主役の山崎賢人かなりいい。
役者はいいと思う。
スペインの風景は素敵で行きたくなったが。
c0109109_12585255.jpeg

[PR]
by mizukitonight | 2018-06-24 12:48 | 映画 | Comments(0)

樹木希林さん舞台挨拶 映画『モリのいる場所』を観た

本日は朝早くから起きて、
調布トリエの映画館で『モリのいる場所』を観に行ってきた。
昨夜、遅くまで錦織対ジョコビッチを観ていたので眠たい。

トリエは駅直結なので駐車場は空いてる。
映画上映前に、樹木希林さんの舞台挨拶があり
理路整然と大変スピーディな話ぷりで驚いた。
あの気怠るそうな女優キャラクターではなかった。
ま、映画の役はいつもの樹木希林さんだが。

映画は秀作でいい出来だと思うが、
わたしにはただあの時代の映画にしか見えない。
小学生の頃、体育館に集められて観た秀作映画。
そんな感じです。

ただ監督はまだその時代に産まれていない世代なので
わたしに違和感なく見せていること自体がすごいことなの
かもしれない。
ディテールがきちんとしており3丁目の夕日なんかとは違う。
時代は1975頃か。

わたしは年寄りと虫が嫌いなのであまり
楽しめなかったかもしれない。

勿論観客は年寄りばかり。
平均年齢70は越えたいただろう。
年寄りは年寄りが出る映画が好きだ。
うちの猫が世界猫歩きが好きなのと一緒なのかな。

c0109109_14291658.jpeg

[PR]
by mizukitonight | 2018-05-19 13:52 | 映画 | Comments(0)

本日は映画『64 ロクヨン』前編・後編一気見

本日は大谷エンジェルス戦と交互に
映画『64 』の前編と後編の一気見。
何回も録画していたが見ずに消していた。
今回放送をリアルタイムで見た。
感動した。
が、重い話に疲れた。
感動は疲れる。
特に被害者の父永瀬
主役佐藤浩市
記者瑛太
すごい演技だが
わたはもう年寄り
疲れる。
年寄りは早く死ぬべきと思う。
映画は面白かった。
c0109109_17444313.jpeg

[PR]
by mizukitonight | 2018-05-05 17:39 | 映画 | Comments(0)

映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』

数年前話題になったがわするれていたらCSで放送。
CSの映画はだいたい撮り溜めているので嬉しかった。

内容は、老夫婦が部屋を売るなんでもない話だが、何故かずっと心に残る映画。
エレベーターの無い古いアパートは、老夫婦の半生が詰まった場所で様々な思い出が蘇る。

舞台は全てニューヨークで、
淡々とした生活がまるでニューヨークで生活してるような錯覚に陥る。

主演のモーガンフリーマン、ダイアンキートンは、ちょっと有名過ぎると思ったが、自然に物語の中に入っていけるのはさすがだ。

個人的にはここ数年で、一番好き映画。

c0109109_10464274.jpeg

[PR]
by mizukitonight | 2018-04-14 10:34 | 映画 | Comments(0)

今週末は『リメンバーミー』

久しぶりに週末の夜映画見た。
やはり素晴らしい。
よく作るよね。
皆んな頑張ってる。
死者への想いは万国共通。
なんか最近何見ても切ない。
c0109109_01305718.jpeg


[PR]
by mizukitonight | 2018-03-24 01:27 | 映画 | Comments(0)

映画『シェイプ オブ ウォーター』を観た

本日11時より映画『シェイプオブウォーター』を観た。
アカデミー賞効果なのかほぼ満席。
辛いシーンもあったが、ノスタルジックな音楽と映像は
本当に嬉しくて感動した。
わたしは特にオープニングの水中映像と全編懐かしの音楽に
やられた。
まるで幼児に戻ったようにわくわくして映画を楽しんだ。
深い色彩の映像とお洒落な音楽。
何気ないがもの凄い才能にひれ伏すしかない。
軽く生涯ナンバー1
もうこれ以上の才能には巡り合わないだろう。
映画館で映画を観るのはこれで最後でいいと思う作品だ。

文句なくアカデミー賞だが、主演女優もこちらが取るべきだった。
彼女はこの実在しない本物の人間を作り上げた。
アカデミー主演女優賞では小さすぎる評価だ。
主演男優は半魚人にあげてもいいと思う。
c0109109_16420717.jpeg

[PR]
by mizukitonight | 2018-03-10 16:30 | 映画 | Comments(0)

朝から『グレイテストマンショー』

週末の夜は疲れてるので、なんと朝8時台から
映画館に行って見た。
ララランドはジャズだったがこちらの楽曲はロック。
映像も素晴らしい。
これほど成熟した映画を作るアメリカの若い監督は凄い。
日本の監督やスタッフの方が年寄りなのに
作る作品は幼稚。
もうアニメやコミックの実写化はやめたら。
発想が貧困すぎて悲しい。
来週は朝からシェイプオブウォーターの予定だが
月曜日にアカデミーを独占するだろうから
土曜日は混むだろう。
c0109109_08482994.jpeg



[PR]
by mizukitonight | 2018-03-04 08:39 | 映画 | Comments(0)